FC2ブログ

秋は なんだか 悲しくなる

春には つばさが 1人暮らしをはじめる予定。
けれど つばさの部屋は なるべく
そのままに しておきたい。

長い休みの時には 家に帰って来てくるだろうから
その時の 居場所は作っておきたい。




20年前。
家を建てた時に 子供部屋を 2つ作った。
れいが お腹にいる時だった。

だから 今のつばさの部屋は
れいの部屋に なるはずだった。
そこを 今 つばさが使い
もう一つの部屋を さく太が使っている。



さく太は まだ 友達と遊ぶ時くらいしか
使っていないけれど いずれは
自分の部屋として 使う事になる。

実は さく太の部屋には
れいの物が たくさん保管してある。

洋服 靴 バッグ 幼稚園関係 学校関係・・

あまりにも多いから 整理しようって
いつも 思うけれど 開けるたびに
「まだ いいよね」って 蓋をする。


洋服は どれも 捨てがたいし
幼稚園の手帳 学校の宿題
捨てるものが なかなか選べない。


年末が近づくと・・
今年こそ 今年こそ・・・って
思っているのに。


特に 思うのは 病院での記録。
パパも私も 闘病日記を書いていた。

病院関係のものを 入れてある箱を
開けると 消毒の匂いが ぷーんとする。

そして すぐに閉める。
きっと もう読み返すことなんて
ないだろう。
けれど 捨てられないのだ。



もう 11月。
気持ちだけが 焦り 1年前と
何も変わっていない 自分に
がっかりする。


忙しさを理由にして
何も 進もうとしない 自分に
呆れてしまう。



「ゆっくりでいいよ」って 自分に言い聞かせて・・・
れいが 亡くなってから 14年が経っている。



子供達は こんなに成長しているのに。









スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こはる

Author:こはる
夫と長男(つばさ:17歳)次男(さく太:8歳)との4人家族。家族に支えられ仕事に育児に奮闘中です。天国の長女(れい)は心の中で育てています☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR